医学部専門予備校を利用し、目標の医学部に到達する

医師への道

病院内の廊下

医療福祉とは、病院や介護施設、家庭などで病気療養中の患者さんに対して社会的、経済的な援助を行うことによって病気を改善、治癒して行くことを目的とした保険医療制度に取り入れられた理念をさします。
医療福祉を学ぶための学校は大学や短大、専門学校などがあり、そこでは社会福祉や児童福祉、介護福祉や福祉心理など、それぞれのコースで福祉に関する専門知識を学習します。
たとえば社会福祉についてのコースでは、社会福祉士や精神保健福祉士になる資格を得ることができます。
また福祉心理コースで学んだ場合、認定心理士や心理判定員資格を習得、児童福祉コースでは保育士や幼稚園教員の資格を習得することができます。
また看護学科のコースがある学校では看護師になる資格も習得できます。

医療福祉について学べる学校は全国にたくさんあります。
国公立や私立の福祉大学、短期大学はもちろん、2年課程の福祉専門学校、通信教育のサービスをしている会社もあります。
学校に関しては、オープンキャンパスを行っているところもあるので興味のある学校を見学するのもよいでしょう。
経済的に問題のある生徒に対して奨学金などの支援制度を設けている学校もあります。
また、昼間働いている方のためには夜間部のある福祉専門学校もあります。
医療福祉について学習し、病院や施設などで人を助ける仕事がしたいと思っている方は、まず福祉の大学や専門学校を見学して(中には授業を見学させてくれる学校もあります)講師や学校の雰囲気を感じ取って、自分に適した学校を見つけるとよいでしょう。